貸付審査の不要でお得にお金を借りる

少額ならば、審査時にかかる負担を軽減してくれるサービスを行う金融商品を利用することでお得にお金を借りることが出来ます。
改正貸金業法によれば、50万円を超える貸し付けの場合は、収入証明の提出が義務付けています。
これは、貸し付けが、年収の三分の一の金額を超えないようにするために行われています。
しかし、逆に言えば、50万円以下で1つの場所での貸付の実であれば、収入証明書は要らないということなのです。
また、貸金業法では消費者金融と、クレジットカード会社におけるキャッシング枠の取引を制限する法律なので、それら以外の金融機関ならば対象外ということです。
例えば銀行などの場合は、この別枠に入るということになります。
そのため、この条件を満たす場合、収入証明や所得証明の提出を求めない簡単な審査のみで貸し付けを行うところも増えてきました。
このような場合、審査はあってもネット上などでシンプルでスピーディーな融資を可能としているのです。