消費者金融に感謝

消費者金融があるからこそ、今を生きていられると思います。
消費者金融がなければ、今は成り立っていなかったとつくづく思います。
人生のある時期でお金に困り、消費者金融に藁にもすがる思いで助けて頂きました。
その時初めての経験でしたから、若干の不安はありましたが、しかし悩んでいる余裕もなく、ただただ懇願する思いで消費者金融の窓口へと向かいました。
情けないやら恥ずかしいやらで、しかしそんな事も言っておられず、お金を貸して頂きたい旨を伝えました。
すると窓口の方はやんわりとしたご対応で、親身に相談に乗って下さいました。
そのご対応でどれほど救われたかしれません。
こちらに来るに至った経緯など、口が裂けても話せないと頑な気持ちで訪れていたのですが、その受け付けの方の穏やかなご対応に心は解れて、気が付くと溢れ出るようにこれまでの事を話していました。
受け付けの方は、堰を切ったように話し続ける私の話を遮る事無く、ただただそっと耳を傾けて、時々頷きながら親身になって聞いて下さいました。
そしてお金をお借りしたのですが、救われたのは金銭的でなく、精神的にでした。
以後、紆余曲折を経て何とか生活を立て直したのですが、それもこれもこの時の精神的に支えになって頂いた事が支えになってでした。